高齢者虐待対応の現状と課題

分類  :特集 高齢者虐待防止法改正の意義を改めて考える
題名  :高齢者虐待対応の現状と課題
著者  :川端 伸子,乙幡 美佐江
所属  :公益社団法人 あい権利擁護支援ネット
収録  :高齢者虐待防止研究 2016 [vol.12/No.1]
頁   :12-18

抄録:

高齢者虐待対応は深刻な課題を抱えている現状があり,これらの課題解決のための高齢者虐待防止法の改正は急務である.本稿で述べたような虐待対応上の課題を把握するためにも,高齢者虐待による死亡事例の検証・分析が,高齢者虐待防止法に基づいて実施されていく必要があると思われる.さらに,都道府県ごとの高齢者権利擁護センター,国レベルの高齢者虐待防止センターの設置等,適切な虐待対応を支援していく体制整備も必須であると考える.

Key Words:権利擁護,高齢者虐待防止法,死亡事例の検証・分析,都道府県高齢者権利擁護センター,高齢者虐待防止センター

Ⅰ.はじめに

 (公社)あい権利擁護支援ネットでは,法人でなければ受けられないような事案についての法人後見を受任しているほか,広く権利擁護についての相談や研修講師派遣依頼に応えている.中でも筆者らは,高齢者虐待防止についての相談や研修講師派遣の依頼に応えることが多く,市町村職員や地域包括支援センター職員等の高齢者虐待対応に従事する方々,介護支援専門員やホームヘルパー等の養護者虐待が起こっている現場に訪問する方々と接することが多い.その中で感じてきたことの中から,養護者虐待と養介護施設従事者等虐待に分けて,課題について述べることとしたい.(本文の一部)

12_02特集2.1

Posted in vol.12 高齢者虐待防止法改正の意義を改めて考える, 特集 and tagged , , , , .