活動報告「第14回日本高齢者虐待防止学会学術集会 松戸大会」


開会式 大会長和田忠志


去る7月15日(土)に日本高齢者虐待防止学会松戸大会が、和田忠志大会長のもと開催され、参加者数332名、市民の参加も100名余と大成功のうちに幕を閉じました。

来年(2018年)は9月1日(土)に「包括的虐待防止に向けて」をテーマに泉州大会(於:大阪・桃山学院)が柴尾慶次先生を大会長として開催いたします。是非ご参加ください。

基調講演「113通報システムについて」
アジア国際交流企画「韓国・台湾・日本の高齢者虐待防止活動」
法制度特別企画「高齢者虐待防止法をめぐって」
市民公開講座「高齢者が安心して暮らせる街~松戸~」
2017年度 日本高齢者虐待防止学会総会

第14回 松戸大会の特設ページはこちら

大会お知らせカテゴリーの記事