日本高齢者虐待防止学会とは

日本高齢者虐待防止学会は、高齢者虐待防止に関する学際的及び実践的活動の研究・教育の発展を図り、人々の健康と福祉に貢献することを目的として設立されました。

学会一般社団法人定款案へのご意見募集について

2019年9月7日蒲田大会総会において、会員の承認を得て、本学会を一般社団法人とすることが決定いたしました。

それを受けまして、定款を作成するため、引き続き、皆様からのご意見を賜りたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

つきましては、2019年10月末日を目途に、ご意見をお寄せください。

皆様から寄せられましたご意見を2019年度第3回理事会において定款の骨子を作成し、さらに2020年に当法人ウェブサイトにおいて会員の皆様からご意見を伺い、修正の上、2020年度第1回理事会において定款(案)の決定、当法人ウェブサイトに掲載の後、2020(令和2)年9月開催の当学会梅田大会での総会において、定款および当学会の法人化の具体的な案等について御説明し、承認をいただきたいと考えています。

2019年9月 理事長 池田直樹

(法人化案等)

一般社団法人定款案に関するご意見は、こちらの入力フォームにご記入ください。

日本高齢者虐待防止学会評議員選挙のお知らせ

日本高齢者虐待防止学会評議員の任期が、令和3年3月31日で満了します。
つきましては、令和3年4月1日から令和6年3月31日までを任期とする評議員を選出するために、会則第4章、役員選出に関する規約および選挙規定内規(施行規則)に従い、評議員選挙を行います。

選挙に関する詳細なスケジュールは、9月下旬から10月上旬にホームページ、葉書、メール(メール登録会員のみ)等でお知らせいたします。

また、投票用紙等の選挙関連資料は、12月中旬頃に郵送する予定となっております。

令和元年度の会費納入がお済みでない方は、速やかに会費の納入をお願いいたします。

なお、今回の選挙で選ばれる役員は、法人化後の代議員にスライドして就任することとなります。法人化に関しては学会HPをご参照ください。

令和元年9月19日

日本高齢者虐待防止学会選挙管理委員会

第16回日本高齢者虐待防止学会蒲田大会 盛会の御礼

第16回日本高齢者虐待防止学会蒲田大会は、多数の皆様方にご参加いただき、盛会のうちに終了致しました。

参加者の皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

第16回日本高齢者虐待防止学会蒲田大会
 大会長 岸 恵美子

学会法人化の提案書と定款案等について

 2018年泉州大会総会において、当学会の法人化の検討を行うことになりました。それを受け、作業を進め、2019(令和元)年5月19日の理事会において当学会の一般社団法人化の方向性について承認を得ることができました。

 そして更に作業をすすめ、本提案書及び定款案を2019(令和元)年9月に当法人ウェブサイトに公表後、2019(令和元)年9月7日の当学会蒲田大会での総会において当学会の法人化の方向性について御説明し、会員の皆さまから御質問、御意見等をいただいた上で、さらに当法人ウェブサイトにおいて意見募集を行い、その後、2020(令和2)年9月開催予定の当学会梅田大会での総会において、さらに当学会の法人化の具体的な案等について御説明し、承認をいただきたいと考えています。

理事長 池田直樹

(法人化案など)

法人化に関するご意見は、こちらの入力フォームにご記入ください。

第16回蒲田大会 インターネットおよびFAXお申し込みは8月26日(月)まで

日本高齢者虐待防止学会 第16回蒲田大会(9月7日)のインターネットからのお申込み、FAX申し込みは8月26日(月)までとなります。
以降は当日の受付となります。多くの方にお申し込みいただいており、当日は混雑することが予想されます。この機会にぜひお申し込みください。

お申し込みはこちらから。