日本高齢者虐待防止学会とは

日本高齢者虐待防止学会は、高齢者虐待防止に関する学際的及び実践的活動の研究・教育の発展を図り、人々の健康と福祉に貢献することを目的として設立されました。

第7回東大家族ケアフォーラムのお知らせ

高齢者虐待防止学会関連のオンラインセミナーが東京大学にて開催されます。岸恵美子理事が講演者の一人になっており、情報提供がありましたのでお知らせいたします。下記に座長上別府 圭子先生の案内文を掲載いたしました。ぜひご参加ください。

続きを読む

コロナウイルスの影響による第17回梅田大会の中止について

かねてより準備を進めておりました第17回日本高齢者虐待防止学会梅田大会(9月11日(金)市民公開講座、12日(土)学術大会)につきまして、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み慎重に検討を進めてきました結果、開催中止といたしました。

原稿の募集、抄録の配布についても予算の都合上、断念します。研究発表の場としては、通常通りに学会誌への掲載をご検討下さい。ご参加を予定されていた皆様、登壇を内諾頂いた方々には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

今後の大会の開催につきましては、ウィルス感染の収束状況、社会情勢と参加者希望者の声を踏まえ、来年度大阪での開催を模索いたします。情報はホームページにて順次お知らせいたします。

日本高齢者虐待防止学会 理事長 池田直樹
第17回日本高齢者虐待防止学会梅田大会 大会長 濱田和則

学会一般社団法人定款案へのご意見募集について(第2回)

2019年9月7日蒲田大会総会において、会員の承認を得て、本学会を一般社団法人とすることが決定し、それを受けまして、2019年10月末日を目途にご意見を募集いたしました。

寄せられました皆様のご意見をもとに、2019年度第3回の理事会において、定款の骨子を作成しました。

定款を完成するため、引き続き、皆様からのご意見を賜りたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

つきましては、2020年4月末日を目途に、ご意見をお寄せください。

皆様から寄せられましたご意見をもとに再び定款の修正を行ったうえで、2020年度第1回理事会(5月開催予定)において定款(案)の決定、当法人ウェブサイトに掲載の後、2020年9月開催の当学会梅田大会での総会において、定款および当学会の法人化の具体的な案等について御説明し、承認をいただきたいと考えています。

2020年3月 理事長 池田直樹

(法人化案等)

一般社団法人定款案に関するご意見は、こちらの入力フォームにご記入ください。

日本高齢者虐待防止学会評議員選挙告示

日本高齢者虐待防止学会評議員の任期が、令和3年3月31日で満了します。

つきましては、下記のとおり令和3年4月1日から令和6年3月31日までを任期とする評議員を選出するために、会則第4章、役員選出に関する規約及び選挙規程内規(施行細則)に従い、評議員選挙を行います。評議員選挙の投票用紙は、各会員の連絡先(学会誌送付先)住所に送付されますので、所定の用紙を用い、指定の期日までに投票してください。

続きを読む

開催報告「第16回日本高齢者虐待防止学会 蒲田大会」

2019年9月7日、東邦大学看護学部(東京都大田区)にて、日本高齢者虐待防止学会蒲田大会(大会長 岸恵美子)を開催しました。前日の市民公開講座は81名、大会当日は461名が参加し、盛況のうちに終了いたしました。

2020年度第17回大会は、9月12日(土)、宝塚大学看護学部 大阪梅田キャンパス(大阪府大阪市)にて開催予定です。テーマは「高齢者虐待を防止するケアサービスのガイドライン(仮題)〜高齢者の尊厳を支えるケア〜」、大会長は濱田和則評議員(社会福祉法人晋栄福祉会)です。(コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、第17回梅田大会は中止となりました。2020.4.14 学会事務センター記)

続きを読む