日本高齢者虐待防止学会について

日本高齢者虐待防止学会は、高齢者虐待防止に関する学際的及び実践的活動の研究・教育の発展を図り、人々の健康と福祉に貢献することを目的として、2003年8月に設立されました。

理事会企画プログラム「学会セミナー」のお知らせ

理事会企画プログラム「学会セミナー」を開催いたします。今回は、教育講演のテーマとして、「高齢者と虐待者との共依存事例の支援」、および「地域におけるセルフネグレクト防止の実践」を取り上げました。講師は、松下年子理事、岸恵美子理事です。

本セミナーはzoomウェビナー(一般、会員参加費無料)です。また、オンデマンドビデオの視聴も可能となっております。ぜひご参加ください。


→お申し込みはこちらから。

日本フォレンジック看護学会 第9回学術集会 東京大会

日本フォレンジック看護学会 第9回学術集会 東京大会、テーマ:「性被害の訴えに応えられる社会へ」が、2022年9月3日(土)、4日(日)に、東京有明医療大学(東京都江東区)にて開催されます。ぜひご参加ご検討ください。オンライン配信も行われます。詳細は特設ホームページよりご覧ください。

会員の皆様へ 高齢者虐待防止法改正案のご案内とお願い

法制度推進委員会
委員長 滝 沢 香

高齢者虐待防止法は2006年4月1日に施行され、施行後3年を目途として、この法律の施行状況等を勘案し、検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとするとの付則が設けられていました。

施行後3年を経た後には、国会内で議員勉強会が設置・開催され、当学会法制度推進委員会では、この勉強会におけるヒアリングに向けて2010年2月10日付で、高齢者虐待防止法改正案要綱(改訂案)をとりまとめ、同勉強会に提出するとともに、当学会内でも法改正についての議論を進めてきました。

その後に障害者虐待防止法が制定・施行されるとともに、各種調査研究事業においても法改正の必要性が言及されてきました。現時点において、改めてどのような法改正が必要かについて整理をすることが必要になっていると思われます。

この間、法制度推進委員会では、2022年3月20日に会員ミーティングを開催し、会員各位からもご意見をいただき、2010年改正案要綱、関係各法、調査研究事業の成果を踏まえて、別紙のような(叩き台案)を用意しました。

続きを読む

2022年度 会員総会のお知らせ

一般社団法人日本高齢者虐待防止学会  正会員 各位

一般社団法人日本高齢者虐待防止学会
理事長  池田 直樹

会員総会招集ご通知

盛夏の候、皆様におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。
さて、下記の要領にて、2022年度一般社団法人日本高齢者虐待防止学会の会員総会を開催致します。ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、会員総会は、2022年9月10日(土)第18回学術集会において、開催いたします。

ご出欠のご連絡、ご提案等につきましては、下記の出欠フォームに記入・送信ください。もしくはFAX用返信用紙を用いてFAX:050-3737-4902でご送信いただいても結構です。

ご出欠状況を把握させて頂きたく、8月22日(月)までにご返信下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

続きを読む

第18回日本高齢者虐待防止学会足立大会の参加申込み、演題申込みについて

第18回日本高齢者虐待防止学会足立大会の参加申込み、演題申込みを開始いたしましたのでお知らせいたします。当初の予定より遅れましたことお詫び申し上げます。

足立大会は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、オンライン開催(Zoomウェビナー)となりました。

大会テーマは、「高齢者虐待〜多様化している要因と課題〜ポストコロナ時代に変革の方向性を考える」、大会長は、吉岡 幸子(帝京科学大学看護学科 教授)です。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

第18回日本高齢者虐待防止学会足立大会ホームページ